カズマ「お前、あのキス……どこで覚えたんだ?」めぐみん「……バカ!」

213pt   2019-08-25 21:00
SSなび

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/23(金) 00:46:19.53 ID:QaugMPoFO
プロローグ

「カズマ……」

呼びかけても、彼は目覚めません。
荒くて熱い吐息を吐いて、苦しそうです。
高熱を出して寝込んでいるカズマを見ているとこのまま死んでしまうのではないかと不安になり、私は思わず泣いてしまいそうでした。

「大丈夫よ、めぐみん」
「アクア……」
「水の女神たるこの私が、カズマの熱をすぐに冷ましてあげるわ! だから心配しないで!」
「お、おい、アクア。どうにも嫌な予感しかしないから、やめておいた方が……」
「安心して、ダクネス。私に任せておけば高熱なんてチョチョイのチョイよ! それ、花鳥風月!」

ダクネスの静止を振り切り得意の水芸を披露してカズマに冷水を浴びせたアクアでしたが、それは当然ながら逆効果であり、彼は得意のツッコミを入れる余裕すらなく更に熱が上がってしまい、その日から1週間生死を彷徨いました。

「カズマ……ごめんなさい」

私は付きっ切りで彼の看病をして、そして何度も謝りましたが、カズマの熱は下がりません。
あの日、私が日課の爆裂散歩に誘わなければ。
何度も悔やみ、後悔し、そして懺悔しました。

思えば私はこの頃、少々浮かれすぎており、そして調子に乗りすぎていたのかもしれません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566488779
   マンガアニメちゃんねるトップページへ
マンガの話題が沢山。